五十肩|五月が丘ウェルネス整骨院

五十肩

五十肩とは?

五十肩の正式な医学名称は、「肩関節周囲炎」といいます。

 つまり五十肩の原因は、その名の通り肩関節周囲に炎症が起こることです。

しかし、炎症を起こす場所や症状は人によって様々です。

そのため、治療にはまず、肩関節のどこに炎症があり、どのような状態になっているかの把握が最も大切です。

 

あなたは本当に五十肩?

肩が急に上がらなくなったりすると、ご自身で五十肩だと思ってしまう方も多いかと思いますが、治療をしながら原因を見てみると、実は、本当の五十肩は、非常に少ないです。

実は、五十肩の症状で来院されるほとんどの方は、首・肩・背中など、特に肩甲骨周囲の筋肉が普段の悪い姿勢などにより、カチカチに凝り固まってしまい、動きが悪くなっている場合が多いです。

そういう状態を長く放置していると、肩関節に大きな負担をかけ続けることになり、五十肩へと移行していく・・というケースが非常に多いですね。

 

五月が丘ウェルネス整骨院/鍼灸院では、まず本当に五十肩かどうかの見極めをしっかりと行い、その上で症状別に的確に治療を行います。

 

治療の内容に関しましては、症状により治療法が大きく異なり、一般的によくリハビリで行われる、温めて肩を動かす体操などが、当てはまらないケースも多々あります。

残念なことに、初期の本来は動かしてはいけない段階に、自身のかかりつけ医から「温めて動かしたら良くなるよ」 という一般的な解釈をされ、余計に症状を悪化させてしまっている方が多いのが現状だったりします。

 

専門治療が必要な場合もありますので、ご自身で決して判断をせず、是非1度、五月が丘ウェルネス整骨院/鍼灸院までご相談をしてください。

新たに導入した「レセルボディ」の使用方法を紹介しているデモンストレーション動画になりますので、一度ご覧ください。